雛人形[ひな人形]販売・通販の東昭齊秀月モリヤ人形 埼玉県川越市

女の子のすこやかな成長を祈る雛祭り(ひなまつり)。
明治創業以来100余年あまりの経験をもとに心を込めて作られる雛人形。東昭齊秀月モリヤが厳選し製作監製した気品高い面差しと優雅な衣装の雛人形をぜひご覧になってください。
当店の特長としましては衣装、頭(かしら)からお道具まで高品質のものだけを厳選し、またお客様の声を多数取り入れ納得していただけるもののみを販売していることです。
段飾り親王平飾り収納型飾りケース飾り木目込み飾り・その他(つるし飾り・舞踊人形ケース)など多くの商品を展示・販売しております。



雛人形のセミオーダーが可能
お客様のご予算、お好み、飾るスペース等に合わせてセミオーダー感覚で、道具(台、屏風等)の組み換えも可能でお好みに合ったセットをお選びいただくことができます。
当店では雛人形、台・屏風、雪洞、桜橘、道具などの単品のみでもお買い上げいただけます。
記念すべき雛人形をお選びいただく時に満足いただけるよう当店一同努力させていただきますので、お気軽にご相談下さい。


雛人形(ひな人形)の種類
東昭齊秀月モリヤで展示・販売しております雛人形(ひなにんぎょう)の種類としましては、三段5人飾り、二段5人飾り、親王飾り、立雛飾り、ケース入り飾り、収納型飾り、木目込飾りなど、昔ながらの毛氈段飾りからコンパクトなものまで専門店ならではの豊富なお品揃えをしております。
素材としましては、正絹帯地・帯地刺繍・正絹鹿の子絞りしぼり・正絹輪奈唐織帯地・正絹龍村織り・正絹相良織り・ゴブラン織り・金彩刺繍・金駒刺繍・オーガンジー刺繍など極上のものばかりで、造りとしましても実際に12枚の衣装を着せた十二単衣などから重ね、肩帯・袴・引腰などの細部までこだわった造りとなっております。
また全てのお人形に当店で厳選した上品なお顔の頭(かしら)をお付けしております。
人形以外の台・屏風なども高品質な桧(ひのき)や桐など銘木を使用しお造りしたものが多数ございます。


雛人形(ひな人形)の選び方【大きさ】
全国的に有名な桃の節句の雛人形は近年だいぶ小型化してまいりました。
まず雛人形の種類ですが、雛人形は大きく分けて衣装着と木目込みとございます。簡単にいいますと衣装着とは衣装を着せており、木目込みとは衣装を張って造っております。通常の雛人形は衣装着とされており、衣装着のほうが断然豪華でございます。木目込みは可愛らしく飾る手間と場所をとらないのが利点です。木目込みといいますと昔は趣味やお二人目のお子様に趣向を変えて買われたかたが多いようです。ただ最近では木目込みを雛人形のメインとされるかたが増えてまいりました。木目込み人形でも充分お飾りいただける楽しみはございますので、住宅事情やお考え方次第では木目込みを雛人形のメインとして飾られても良いかと思います。
衣装着タイプとしましては昔はあたりまえのように飾られていた七段15人飾りが最近ではかなり減少しており、やや小さめな三段5人飾りが主流となってまいりました。七段飾りは手間がかかるし親王飾りはお殿様とお姫様だけで少し寂しい・・といったところでしょう、間をとってお殿様・お姫様に加え官女までいる三段5人飾りが人気です。サイズとしては幅(間口)60cm~80cmのものが人気です。もう少し場所をとらないほうが良いというかたは親王飾りが良いでしょう。親王飾りの良い点は奥行きをとらず、豪華なお殿様とお姫様をお飾りいただけます。サイズとしましては幅(間口)55cm~80cmのものが人気です。またさらにコンパクトさを重視した収納型が年々人気を増しております。人形はやや小さめになりますが収納時には1つの箱に収まるのが利点です。(当店では収納型でも人形が小さく見劣りしないよう通常の親王飾りのサイズのものや豪華なものをできるだけお合わせをしております)


雛人形(ひな人形)の選び方【ケース】
その他ではケース飾り(アクリルケース・ガラスケース)がございます。雛人形の場合ケース飾りは人形が全てケース内に接着されているものがほとんどです。利点としてはホコリを被らず出し入れが簡単です。難点としてはお子様が雛人形に直接触れることができず飾る楽しみがないということです。アクリルケースとガラスケースとでも一長一短ございます。アクリルケースは軽くて割れないのが利点ですがキズが目立ちやすいため拭くことができません。逆にガラスケースはガラスですので割れる可能性はありますがキズが目立たず拭くことができるのが利点です。
どのタイプが良いかはお客様のお考え方次第と住宅事情でございますが、もしお迷いのお客様には当店のアドバイスとしまして無理なく毎年飾っていただけるようにということと、ケースタイプよりはお客様が直接雛人形に触れていただきお飾りいただけるタイプ(ケース飾り以外)をおススメしております。大事なお子様のお節句として、お子様がお母さんと一緒に飾ったこと、飾れたことが良い思い出になるかと思います。お子様が2~3才になったらお飾りもきっと楽しいと思います。多少の破損等もあるかとは思いますがそれもお子様との良い思い出としてご家族皆様でお飾りいただくことを楽しい思い出にして下さい。そういった意味でも雛人形のお飾りを大変・・と思うかお節句のイベントとして飾ることを楽しむかはお客様お考え方次第かと思います。


アフターケア
東昭齊秀月モリヤ人形店では、心をこめたお祝いの品である雛人形(ひな人形)を末永くお飾りいただきたいと願っております。そのため特に、保証、修理等のアフターケアも万全に対応させていただいております。
当店では特に保証年数などは設けておりません。状況や状態にもよりますが、当店でご購入頂きました商品につきましてはなるべく料金のかからないよう修理させていただきます。料金のかかる修理の場合でもなるべくご負担が少なく済むように低価格でお直しさせていただきます。




京びな 京洛紫雲
昭和53年より人形製作の道に入る。現在京都市に工房を構え創作活動を続ける。京に住む職人達が伝え残してきた京びなならではの趣が感じられる。その一方で自由な発想で作り上げる創作人形にも定評があります。


京びな 平安博暁
昭和60年より京都の人形師平安一甫に師事。伝統の有職故実をふまえ素材の美しさを生かした優美で高貴なその作風と洗練された独特の感性は高く評価されています。
小倉草園
1921年 浜松生まれ。
1959年 頭師として工房を設ける。
1966年 木目込人形の創作を始める。
1975年 衣裳着雛人形を手掛ける。
現在地秋田に工房を開設してからは草園創作人形として主に雛人形を製造し現在に至る。 常に人形界に新風を吹き込む創作活動に業界でも高い評価を受けています。

原型師として特に秀で、現在でも粘土を弄る毎日を送っています。 尚、現在までに作品は内閣総理大臣賞をはじめ、経済産業大臣賞や分部科学大臣賞、平成15年度東京都知事賞等、多くの賞を頂いています。



伝統工芸士 望月龍翠
1964年、雛人形の産地として江戸時代からの歴史を持つ町、静岡市に生まれる。 高校卒業後、老舗人形問屋にて雛人形作りを学び、のちに雛人形工房「京雛」にて雛人形士である父・幸彦に師事し、人形の制作にあたる。2003年経済産業大臣より指定を受けている伝統的工芸品の伝統工芸士として認定される。
人形師 平安重藤翁 玉雅
平安重藤翁玉雅プロフィール
本名 紀藤重毅
1958年 名古屋市に生まれる
1981年 父 二代目紀藤寛の元で人形製作の修行に入る
1999年 中部節句人形見本市コンクールに於いて岐阜県知事賞を受賞
2007年 愛知県知事賞を受賞
2011年 中部節句人形見本市コンクールにて最高の中部経済局局長賞を受賞


伝統工芸士 飯嶋紫純
平成16年、埼玉県で女性2人目の伝統工芸士に認定される。20年の経験と技術から生み出される躍動感と女性らしい作品が特徴です。
節句人形工芸士 優香
平初代は幾つもの人形工房を訪ね歩き、雛人形を取り巻く伝統芸術の世界を学びながら、独自に作風を作り上げた。その初代に師事し、雛人形作りをはじめた二代目優香は、郷土雛として知られる「箱雛」の産地である福岡県南部で生まれる。
そこで生まれ育ったことで、幼い頃より雛人形に興味を抱き続けていた。
伝統の有識故実を十分ふまえ、日本独自の絵柄文様を織り込んだ素材の魅力を充分活かしたその作風は、初代から引き継いだ女性らしい優しさと洗練された感性により、春の宴に向かう自然の佇まいを感じさせている。
平成28年「節句人形工芸士」の認定を受ける。



柴田家千代
名古屋に生まれ 名古屋造形芸術短期大学を卒業後、フランス人形デザイナーの母:山崎由美子のもとで 人形制作活動に入る。
これまでの流れを受け継ぎながら新しい感覚のフランス人形を制作。
その後 五月人形に取り組み力強さを強調する金太、子供の愛らしさを取り入れた人形などを制作。そして人形師初代柴田家千代のもとで日本人形・雛人形の製作技術を学び人形作りの幅を広げる。
雛人形では、2002年本格的な作りで小さな雛「葵」を制作。
初代柴田家千代の色彩や作りにこだわった「古典のお雛さま」などの作風を継承し2005年 二世柴田家千代となる。



伝統工芸士 柿沼 東光
昭和23年9月東京都荒川区生まれ。
昭和46年株式会社吉徳大光に師事。
昭和49年に伝統工芸士柿沼東光に師事し以来江戸木目込人形製作に専念。
華麗なる色彩による親王飾り、風俗人形などを発表。
とりわけ螺鈿の象嵌や彩色二衣重の木目込み人形など独自の技法を学び、技術向上に努めながら、常に“時代の今”を見つめ、斬新な作品づくりに取り組むスタイルで新しい東光ブランドを築いている。
平成11年2月 通産大臣認定伝統工芸士
平成12年2月 東京都知事認定伝統工芸士



伝統工芸士 木村一秀
伝統工芸士、初代一秀を父に持ち元文年間から受け継がれてきた【江戸木目込人形】の伝統を学ぶ。
その古典美に現代感覚を織り込みながら、洗練された上品さを漂わせ優雅な作品を次々に発表し高い評価を得ている。
平成12年に通商産業大臣指定の伝統工芸士平成26年に東京都伝統工芸士に認定される。