春日部の伝統工芸士「匠 一好」の羽子板です。
最近は羽子板から押絵の振袖をはみ出して作ったものが多いですが、こちらは昔ながらの形をした羽子板で、押絵が板の形にカットされております。(
生地は「正絹古布」を使用しました。古布ならではの発色がとても美しく、味わいのある仕上がりです。押絵の背景には朱色の「帯裏」を合わせました。
面相は日本画を得意とする「鈴木創博」が描いております。古布のレトロな雰囲気に合わせて
細い目の落ち着いたお顔にしております。
髪飾りには「手彫りほんつげかんざし」や「正絹鹿の子玉」を使用しました。
ケースはすっきりとしたパノラマケースです。通常パノラマケースは土台にガラス部分をかぶせる様式になっておりますが、こちらのケースは前扉式の為、羽子板の出し入れが簡単にできます。
赤茶色の落ち着いた色の枠組みに、すっきりとしたガラス、シンプルな表装裂をあしらった金クリームの背景、羽子板をより上品に見せる良いケースです。
末永くお楽しみ頂けるお飾りです。

※こちらの羽子板は1点ものの古布を使用している為、ひとつずつ柄の出方が異なります。
必要でしたら別途画像をお送りさせて頂きます。


こちらの商品の特典(サービス品)
・お子様のお名前を書き入れた立札

・国内送料無料です(ガラスケースの海外への発送はできません)
正絹古布(小町)8号 F098
\25,000(税込)
幅21,5×奥18×高35(cm)


羽子板 一覧ページ