春日部の伝統工芸士「匠 一好」の羽子板です。
押絵には「龍村美術織」を使用しております。向かって左側は「絨華羊楽文(じゅうかようらくもん)」、向かって右側は「花鳥梅花紋錦」(かちょうばいかもんにしき)」です。それぞれの生地のいわれは、下記ご参照下さいませ。お子様が無事ご成人された後も楽しめる、大人好みの羽子板です。
装飾品にもこだわり、「手彫り本つげかんざし」「正絹鹿の子絞り玉」を使用しております。
ケースは、埼玉県飯能市の桧を土台や木枠に使用したものを使用しております。前扉を開けると桧の良い香りがします。

すっきりとした中に趣が漂う、味のあるお飾りです。

※龍村織りとは、往古の時より残された古代、中世の織物を復元させたものを言います。
龍村美術織物は染め織工芸に対する功績により芸術院恩賞を受け、大正末期初代龍村平蔵の創業から古代織物およびそれらを基盤とする美術創作の伝統を受け継ぎ今なお世界的に認められる美術織物です。

※「絨華羊楽文」…砂漠やオアシスの中でヤギやラクダを遊牧する中から生まれた織物です。自然の花や生き物をモチーフに作られた織物は、移動生活をする住居に華やかさをもたらしました。

※「花鳥梅花紋錦」…正倉院裂の一つで、緑地に一見梅花と思われる六弁の花を互いの目におき、その間には瓔珞の如きものと小さい可憐な鳥を配した文様で、緑、赤、浅紅、白い配色も美しい錦です。幡身や箱の覆、その他楽服など多くのものに用いられ、奈良時代に愛用された錦です。

※お着物の柄の出かたやお顔の雰囲気は、手作りの為1本ずつ異なります。
必要でしたら別途画像をお送り致しますので、お申し付け下さいませ。

こちらの商品の特典(サービス品)
・お子様のお名前を書き入れた立札

・国内送料無料です(ガラスケースの海外への発送はできません)
正絹龍村(桧)13号 F084
\44,000(税込)
幅27×奥23×高54(cm)


羽子板 一覧ページ