春日部の伝統工芸士「匠 一好」の羽子板です。
押絵には「博多帯」を使用しております。数ある色味のなかから、きれいな紺色と落ち着きのあるオレンジと茶色を混ぜたような色を選びました。花の舞という、舞を踊っているところを表現した押絵です。面相は日本画を得意とする「鈴木創博」が描いております。透明感のある目元が特徴です。
髪飾りには「手彫りほんつげかんざし」や「スワロフスキー付き花かんざし」を使用しました。
押絵の背景にも、シックな質感を損ねないように「帯裏」を合わせております。
飽きの来ないデザインで、末永くお楽しみ頂けるお飾りです。

こちらの商品の特典(サービス品)
・お子様のお名前を書き入れた立札

・国内送料無料です(ガラスケースの海外への発送はできません)
博多帯地(桐)10号 F063
\37,000(税込)
幅24×奥21×高46(cm)


羽子板 一覧ページ