春日部の伝統工芸士「匠 一好」の羽子板です。

正絹鹿の子絞りの上から金色の樹脂加工で桜をかたどった生地(マゼンダ色)と桜の形に型押しされたベルベットの上から桜の刺繍を入れた生地(エンジ色)を押絵に使用しました。桜には、往々にして葉が出そろう前に花が咲きそろうことから、「何もないところに花が咲く」という状態に、強い生命力の意味があります。

透明感が特徴の面相は、日本画家がひとつずつ手描きで描いております。

髪飾りには、本つげかんざしを使用し、襟や背景には桜の刺繍を入れました。

羽子板の裏面には、手描きで梅の花を入れております。
梅の花には、まだ寒い時期に花を咲かせることから、逆境に強い子になりますようにという願いが込められております。

ケースは家具などに使用される栓という木を枠に使い、前面には厚みのある面取りガラスを入れました。背景は、凹凸のある四季花柄の和紙をを合わせております。


押絵生地の柄の出方はひとつずつ異なります。
詳細画像が必要な方は、お気軽にお申し付け下さい。別途画像を送らせて頂きます。

サービスでお付けしております「つくばね」の色は随時変更しております。
画像とは別の色の「つくばね」をお付けする場合もございます。ご了承頂けましたら幸いです。
もし、ご希望がある方は、お申し付け下さい。できる限りご対応させて頂きます。


こちらの商品の特典(サービス品)
・お子様のお名前を書き入れた立札

・国内送料無料です(ガラスケースの海外への発送はできません)
花春 13号 F030
¥41,000(税込)
幅29×奥26×高54(cm)


羽子板 一覧ページ