甲冑師「雄山」作、別注モデルの7号徳川家康之鎧でございます。

本物の金(本金)を溶かして塗り仕上げる24金鍍金を施した上品な輝きを放つ重厚な真鍮製の総装飾金物・鍬形と、正絹糸をふんだんに使用し、3mmピッチ(間隔)で最も糸目が細かいとされる細密威しで仕上げた力強く迫力のある黒糸威しが特徴的で豪華な高級感漂う鎧です。
また、兜吹き返し・弦走り(胴)・佩楯は上品な絵柄の本革を贅沢に使用し作られ、徳川家紋を模った存在感のある24金鍍金金物があしらわれた鎧は豪華絢爛です。
兜・弦走り(胴)・草摺・佩楯に至るまで3mmピッチ(間隔)という極細小札を使用して細密で美しい正絹黒糸威しを造る為、通常の甲冑製作より多量の素材(正絹糸)や数倍の製作時間と熟練した技術が必要とされ大変手間の掛けられて作られております。

艶を消した落ち着きのある色に仕上げた黒色飾り台に、昨年、世界遺産として認定された日本一の山「富士山」を蒔絵で大胆に描いた金屏風を合わせました。
「富士山」の絵柄には、その雄大さから大きな器を持つ人柄なるように、日本一の高さを誇ることから秀でた人物になりますように等、大変縁起の良いいわれがあります。
雄大な「富士山」の風景を美しく見事に描写した屏風に、黒色を基調とした天下人・徳川家康之鎧が良く合います。



こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@緑色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品D陣羽織(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)

7号徳川家康鎧飾り YH-028
¥204,600(税込)
間口65×奥行50×高さ77(cm)
※五月人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


五月人形/鎧飾り 一覧ページ