甲冑師「一龍」作、正絹段威が大変綺麗な「紫陽」五分之一大鎧でございます。
おおよそ6号サイズの大きさです。

プレスして型抜き造るのではなくそれぞれ型の異なる金属板・パーツを加工して一つ一つ手作業で止め合せ形を造る重鉢や、金属の腐食を防ぐ白檀(本漆)塗りを施した総裏白檀塗小札に加え、兜の眉差しと弦走り(胴)は、煙りで燻すことでなめし・色付けした革に様々な絵柄を型取り漆を刷り込んで造る高価な「甲州印伝革」を使用して作られており豪華な鎧です。
また、緑・黄・紫色の三色正絹糸を巧みに使用し仕上げられた色鮮やかな配色の段威が大変美しい鎧です。
五分之一サイズの小さめな鎧ですが、その造りや素材・配色にこだわり作られた重厚で彩り美しい甲冑です。


台・屏風は、古くから受け継がれた独特な技法で丹念に塗られた「梨地塗り」でございます。屏風には末代まで子孫繁栄・末長く家系が続きますようにと願いが込められた「松葉」を金彩蒔絵で豪華に絵描きました。
屏風には上品な柄の二重ヘリと重厚な黒塗り金具があしらわれており豪華です。
独特の色合いと光沢が特徴な「梨地塗り」台・屏風に、紫裾濃段威が綺麗な鎧「紫陽」と良く合います。


※「梨地塗り」とは、器物の表面に漆を塗り金・銀などの梨地粉を蒔き、その上に透明漆を塗って乾かし粉の露出しない程度に朴炭(ほおずみ)で研ぎ出して滑らかに仕上げる蒔絵技法の一種。梨の肌に似ている事から名があります。

※「松」は、とこしえに青くして不老・・静かなるゆえ年を延ぶ・他木の如く松柏のしぼまぬを知る「常盤の松、松の齢」といわれ、常緑をして長寿延命を意味する吉祥文様です。松=末と掛け末代まで子孫繁栄・家系が絶えないという意味から、昔から城内に植えられるなどして大変縁起の良い植物として重宝されてきました。



こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@緑色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品D陣羽織(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)

1/5「紫陽」大鎧飾り YH-024
¥133,000(税込)
間口60×奥行50×高さ74(cm)
※五月人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


五月人形/鎧飾り 一覧ページ