甲冑師「雄山」作、7号金小札白褄取段威之鎧「純」でございます。

本物の金(本金)を溶かして塗り仕上げる24金鍍金を施した上品な輝きを放つ重厚な真鍮製の総装飾金物・鍬形と、白色を基調とした多色の正絹糸をふんだんに使用し、3mmピッチ(間隔)で最も糸目が細かいとされる細密威しで仕上げた美しい白褄取段威しが特徴的で豪華な高級感漂う鎧です。
また、兜吹き返し・弦走り(胴)・佩楯は上品な絵柄の本革を贅沢に使用して作られており豪華絢爛です。
特に細密で糸目の美しい威しは、多色の正絹糸を巧みに使い3mm間隔で幾度も糸を通し作られる為、通常の甲冑製作よりも多量の正絹糸と数倍の手間を要し仕上げられております。その仕上がりは見事で正絹糸のしっとりとした質感と美しさをご堪能頂ける逸品でございます。

市松柄の黒色本畳みを付けた黒塗り五角形台に、昔から男気の象徴として好まれてきた美しい「桜花」を金彩蒔絵で大胆かつ豪華に絵描いた金沢箔使用の高級本仕立屏風を合わせました。屏風には上品な柄の二重ヘリと重厚な金金具があしらわれており大変豪華です.
華やかな「桜花」を美しく描いた金沢箔屏風に、色彩が綺麗で高級感漂う白褄取段威之鎧が良く合います。

「本仕立屏風」とは、金具を一切使わず木枠に和紙を何枚も重ねて造られる手造り屏風本来の造りを再現したもので、折り曲げる部分に金具を使わない為蒔絵の絵柄が切れず美しい仕上がりが特徴の高級屏風です。

※「桜花」は、「花は桜木・男は武士」という名言から日本一の見事な桜の花にも似る粋な男振りを表現していると言われており、昔から男気を表す代名詞として好まれてきました。



こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@緑色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品D陣羽織(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)

7号金小札白褄取威之鎧飾り YH-020
¥220,000(税込)
間口70×奥行50×高さ80(cm)
※五月人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


五月人形/鎧飾り 一覧ページ