久能山東照宮所蔵の重要文化財として現存する鎧を忠実に模写した甲冑師「雄山」作、10号牛皮小札歯朶之具足・徳川家康之鎧でございます。

鎧全身に至り高級本皮(牛革)を贅沢に使用し、兜の整備の簡易・便利性や防御力と生産力をより向上させる為に考案された大型小札=伊予小札を正絹糸で吊りながら形作る素懸(すがけ)威しを熟練した技術で見事に再現した高級感漂う重厚な鎧です。卓越した技術でなめし加工・色付けした黒色の本皮(牛皮)と同系色の茶色正絹糸を合わせた色彩は美しく気品があります。
徳川家康が大黒天をモチーフに製作させたと言われる徳川家特有の大黒頭巾形頭成に斑模様が上品で美しい茶褐色塗りを施した兜鉢や首・耳を守る為の鎖カタビラ、本物の金を溶かして塗り仕上げる本金(24金)鍍金を施した歯朶の葉の前立も特徴的で大変豪華です。
甲冑師「雄山」が期間を限定して製作するモデルで生産数が少ない為、希少価値の高く、その作りと素材にこだわり抜いて重要文化財の指定を受け現存する鎧を精巧に模写した見事な逸品です。

市松柄の黒色本畳みを付けた黒塗り五角形台に、不死鳥=家系・幸せが永遠に続きますようにという願いが込められた「鳳凰」を金・銀・紫・緑・薄赤の五色で色どり豪華に絵描いた金沢箔使用の高級手作り本仕立て屏風を合わせました
屏風には上品な柄の二重ヘリと重厚な金金具があしらわれており豪華です。色鮮やかな五色「鳳凰」が大変美しく描かれた金沢箔屏風が重要文化財の指定を受ける徳川家康公所用鎧を精巧に模写した重厚な鎧を良く引き立てております。


※「本仕立屏風」とは、金具を一切使わず木枠に和紙を何枚も重ねて造られる手造り屏風本来の造りを再現したもので、折り曲げる部分に金具を使わない為蒔絵の絵柄が切れず美しい仕上がりが特徴の高級屏風です。

※「鳳凰」は、鳳(フォン)と凰(ファン)のつがいで火から生まれた不死鳥と言われ、鶏のように冠をもち、尾が長く、羽毛は五色に彩られ、鶏と孔雀を組み合わせたような姿で表現されている。麒麟・亀・龍とともに四霊とよばれる想像上の動物です。喜ばしいことがあると出現すると古代中国で考えられ、徳の高い君子が帝の位につくときには宮廷に鳳凰が飛来するとされる。日本には、古墳時代の末には鳳凰の文様が伝えられ以来、鳳凰は聖王が天下を治める時に現れる瑞鳥とされている吉祥文様です。梧桐の木に留り、竹の実を食べ、霊泉を飲むという、聖獣らしい伝説的な生態で語られ、桐と鳳凰の組み合わせは代表的で他に鳳凰を円形にあらわす団鳳凰文や、二羽を向かい合せに配する双鳳凰文などの文様がよく見られます。



こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@緑色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品D陣羽織(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)

10号徳川家康牛革小札之鎧飾り YH-009
¥352,000(税込)
間口80×奥行60×高さ101(cm)
※五月人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


五月人形/鎧飾り 一覧ページ