「草木染め」した美しい正絹糸威と日本の伝統工芸のひとつ「甲州印伝革」を使用した吹き返しが特徴の甲冑師「寛蔵」作、8号「令」草木染之兜でございます。

女性染色家「小川由起子」によって、草木等の天然染料で丁寧に手染め上げられた「草木染め」正絹糸を極小ピッチ(間隔)できめ細かく編み上げた細密小札四段威しの仕上がりは格別で、茶色にぼかし染めされた色合いが美しい兜です。また煙りで燻すことでなめし・色付けした革に様々な絵柄を型取り漆を刷り込んで造る高価な「甲州印伝革」を贅沢に使用しており豪華です。
「甲州印伝革」にあしらわれた「トンボ」文様は、別名「勝ち虫」といわれ勝負に強く勝利を呼び込むと信じられ、古くから大変縁起の良い吉祥文様とされております。
兜鉢はプレスして型抜きした抜き鉢ではなく、数十枚もの金属板を加工し手作業で一つ一つ鋲打ち留め鉢を形成する矧ぎ合せ鉢や本革を当て仕上げる本革仕立ての鉢裏、本物の金=本金を溶かし塗り仕上げる本金鍍金を施した真鍮製の重厚な鍬形なども特徴的で重厚な作りになっております。
上品な薄紫色に「草木染め」された袱紗(ふくさ・敷布)を合わせ、色彩にもこだわり作られた当店オリジナル仕様の兜でございます。

台・屏風は、天然木目残しながら艶出して塗装した綺麗な花梨材を使用し突板加工で仕上げました。屏風には、本金箔と遜色ない輝きを放つ銅と亜鉛を合金した「真鍮箔」をデザイン貼りしており高級感漂います。
高級感漂う質感の真鍮箔と光沢のある花梨材を使用し豪華さを感じさせる台・屏風に「甲州印伝革」と「草木染め」された正絹威しが際立つ高級感漂う兜を合わせたオリジナルセットでございます。


※「草木染め」とは、一般的に草木の天然染料で染めたもので、植物などを煮て色素を抽出してアルミ・銅・鉄などの媒染材と化学反応させることにより色を定着させる技法。ほとんどの植物が染料になり、特に日本では四季があり雨の多い湿地地方であることから、植物の種類が極めて豊富にあり、染色・染織の文化が発達しました。植物が織成す、天然の風合いがとても素敵です。


※「甲州印伝革」とは、鹿のなめし革を黒・紺・茶・エンジ等様々な色合いに染色し、裁断したあと様々な文様を模った型紙(和紙)を置き、上から漆で模様付けして作られます。数日間陰室で乾燥させ完成した印伝革は、強く・柔らかく・軽い特徴を持つ鹿革と時とともに色が冴える漆との調和で独特の風合いを出す甲州地方を代表する伝統工芸品でございます。

※「トンボ」は、害虫を食べ駆除する事から勝虫(かちむし)とも呼ばれ、昔から縁起の良い虫とされています。またトンボは前へ前へ飛び、後ろに下がらないことからも勇猛果敢で勝負強い虫として勝利を呼ぶ虫と言われ、兜の前立てや武具に用いられました。



こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@緑色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品D陣羽織(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)

8号「令」草木染威之兜飾り KH-129
¥148,500(税込
間口46×奥行36×高さ53(cm)
※五月人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


五月人形/兜飾り 一覧ページ