可愛らしい立ちが人気の「幸一光」作、鎧着人形・黒小札赤糸威し「ひかる」でございます。

3.2o間隔という極小小札を使用し、シンプルに赤一色の正絹糸で仕上げられた糸目の細かい威が大変美しく特徴的です。また、兜吹き返し・弦走り(胴)には上品な絵柄の本革、威しの裾には本金鍍金を施した装飾金具があしらわれており大変豪華です。
正絹糸を巧みに使い3.2mm間隔で幾度も糸を通し作られる為、通常の甲冑製作よりも多量の正絹糸と数倍の手間を掛け仕上げられております。
その仕上がりは見事で正絹糸のしっとりとした質感と美しさをご堪能頂ける逸品でございます。
全長22cmと最小サイズではありますが精巧に作られた上品で豪華な鎧着人形です。

丹念に黒茶色に塗り仕上げ角取りしたお洒落な飾台に、古くから神文に使用され幸先の良い=発展性という意味合いを持つ「双葉葵」の吉祥文様を模った「京唐紙」をデザイン貼りした上品な木枠屏風を合わせました。
「京唐紙」デザイン貼りし上品に仕上げた屏風に、発色の美しい正絹赤色威しの鎧着人形を合わせた当店オリジナルセットでございます。

同サイズの鎧着人形の乗せ替えも可能でございます。
ご要望がございましたら別途詳細画像を送らせて頂きますので、気軽にお問い合せ下さいませ。

「京唐紙」とは、中国の唐から奈良時代に伝わった美しい細工紙が始まりです。京からかみを簡単に言うと版画の一種の様なもので、手彫りされた朴の木を使い、その表面に雲母(キラ)と呼ばれる絵具を付け、一枚一枚職人の手の平で和紙に文様を写し出すという伝統的な手法で作られています。今もなお襖や壁紙など室内装飾の伝統工芸品として伝え続けられている京都の伝統産業品の一つです。

「双葉葵」とは、常に太陽の光を追う向日性で茎を長く伸ばしながら光に向かって伸び育つという性質から発展する=幸先の良いという意味合いを持った吉祥文様です。最も古い神社のひとつとされる「賀茂神社」の神紋にも用いられ、毎年5 月に「葵祭り」とよばれる祭事が有名で、かの有名な徳川家が葵を受け継ぎ意匠化した三つ葉葵を家紋にしたと云われております。



こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@緑色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品D陣羽織(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)

鎧着出飾り ひかる GN-311
¥96,000(税込)
間口40×奥行28×高32(cm)
※五月人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


五月人形/鎧着人形 一覧ページ