可愛らしい立ちが人気の「幸一光」作、黒小札赤褄取威しの鎧着出し飾り「悠」でございます。

4o間隔という極小小札を使用し、赤・白・紺・黄緑色の正絹糸を使用した糸目の細かい褄取柄に仕上げた威が大変美しく特徴的です。また、兜吹き返し・弦走り(胴)部分には上品な絵柄をあしらった高価な本革(牛革)を使用しており豪華です。
4色の正絹糸を巧みに使い4mm間隔で幾度も糸を通し作られる為、通常の甲冑製作よりも多量の正絹糸と数倍の手間を要し仕上げられております。その仕上がりは見事で正絹糸のしっとりとした質感と美しさをご堪能頂ける逸品でございます。
26cmと小サイズではありますが上品で豪華な鎧着人形です。

天然木目が大変美しく重厚な家具などによく用いられ日本の硬木材として有名な「タモ材」を使用した飾台に、上品な紙質が特徴的な京都伝統工芸「京唐紙」をデザイン貼りした屏風を合わせました。伝統的で独特の技法を用いて描かれた「五葉松」の絵柄は、末代まで子孫繁栄=家系が絶えないという大変縁起の良い意味がある吉祥文様でございます.
天然木目の美しい「タモ材」と緑色「京唐紙」を使用した高級感漂う上品な台・屏風に色彩の美しい赤糸褄取威しが特徴的な鎧着人形と可愛らしい鯉のぼり飾りを合わせた当店オリジナルセットでございます。

同サイズの鎧着人形の乗せ替えも可能でございます。
ご要望がございましたら別途詳細画像を送らせて頂きますので、気軽にお問い合せ下さいませ。

「京唐紙」とは、中国の唐から奈良時代に伝わった美しい細工紙が始まりです。京からかみを簡単に言うと版画の一種の様なもので、手彫りされた朴の木を使い、その表面に雲母(キラ)と呼ばれる絵具を付け、一枚一枚職人の手の平で和紙に文様を写し出すという伝統的な手法で作られています。今もなお襖や壁紙など室内装飾の伝統工芸品として伝え続けられている京都の伝統産業品の一つです。



こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@緑色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品D陣羽織(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)

鎧着出飾り 悠 GN-305
¥143,000(税込)
間口43×奥行30×高54(cm)
※五月人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


五月人形/鎧着人形 一覧ページ